売上や来店数の向上だけで満足しない。 クライアントにもっと大きな夢を見せたいから。

営業部 営業 課長補佐
松本 昌大

INTERVIEW

プロフィール

大学卒業後、2013年にウィンノットへ新卒で入社。就職活動では、接客や営業など、学生時代の居酒屋でのアルバイト経験が活かせる仕事を中心に探す。その中でウィンノットと出会い、クライアントと直接やりとりする活用促進部に配属。のちに、自身の希望により営業部へ異動。課長補佐への昇格も果たし、営業部の第一線で活躍中。

当社の営業は新規開拓をしません。担当するのは、既にお付き合いのあるオーナー様だけ。担当数は営業によりますが、20名くらいです。これだけ数を抑えているのは、オーナー様一人ひとりとじっくりと向き合うことが期待されているから。実際に、時間も、パワーも、全ての担当クライアントにしっかりと注ぐことができ、「広告を売る」以上の面白さが当社の営業職にはある。集客アップに悩むオーナー様に対し、集客に適した広告プランを提案する、という仕事ではないのです。

というのも、高い広告費を払ってたくさん出稿した結果の「売上が伸びた!」だとしたら、それは意味がないこともあるから。だから、売上や集客、リピート率など、わかりやすい数字だけではなく、時に「営業利益」までオーナー様とチェックします。売上から、広告費や人件費、家賃などを引いた利益で、どれだけの広告効果があったのか、と。もはや経営のパートナーです。私たちは単なる広告会社じゃない。ナイトレジャー業界トップクラスのWebメディアを手掛ける会社ですから。「将来10店舗持ちたい」「こんな会社にしたい」など、オーナー様のビジョンを共有し、広告を通じてその未来を一緒につくる仕事なのです。

一人ひとりの「こうなりたい」「こんなことやってみたい」に向き合ってくれる会社です。活用促進部に入社した私も、ウィンノットの“顔”である営業部の仕事にも挑戦したくて異動させてもらいました。

当社の自慢の一つは、「表彰」の文化。賞へのエントリーは自身の頑張りを皆にアピールする機会にもなっていて、受賞する/しない関係なく、モチベーションを高め合える良い風土です。…と言いつつ、今年こそは賞を勝ち取りたい!(笑)